ハマちゃんが振り返る競馬との楽しい思い出

競馬の思い出 ~徒然なるままに~

競馬、思い出、儲け、馬券、投票、ウインズ、競馬場

競馬の思い出を綴ることになった。

 

競馬を始めて約30年になる。競走馬の思い出を中心に競馬をやっている上での出来事を書いていこうと思う。

 

備忘録みたいなものだろうか。

 

ただ、私は現在競馬で儲けてはいるが、所謂マニアとかオタクとは対照的な人間である。

 

よって、競走馬の過去の戦績など一応は調べて書くが、基本的には「思い出」なので記憶を頼りにしていくことになる。
多少の間違いは愛嬌と思って気軽に読んでいただければ幸いである。

 

私が競馬に出会ったのは京都の大学に通っていた時である。

 

折しも時代はバブルの名残とオグリキャップの登場により空前の競馬ブーム!学部の友人数人も競馬にはまっており(私より早く目覚めていた)彼らとよく競馬場に通ったものだ。

 

当時は電話投票もあまり普及しておらず、競馬場かウインズに行くしか我々には馬券を買う方法がなかった。

 

また、当時は深夜から朝にかけてのアルバイトをしており、そこにも競馬好きが何人かいて、日曜は寝ずにそのまま皆で競馬場に行ったりもした。よい思い出であるが、もうそんな体力はない。

 

手軽に儲けたい!要チェック無料競馬サイト【ウマセン】


あくまでも気楽にお付き合いくださいませ。

競馬、思い出、儲け、馬券、投票、ウインズ、競馬場

 

大学を卒業し働き出してからしばらくは、忙しいこともあり、新聞などで情報は得るが、競馬場に足を運ぶのは年に数回という感じで、馬券は友人に頼んだりしてG1レース中心になっていた。

 

そして、2、3年が経ったころだったか、電話投票の権利が当たったのである。競馬場に観に行く機会はなかなか増えないけど、馬券を買う機会は大幅に増えた。 

 

幸いにして馬券友達は絶えることなく、ひょんなことから馬主さんとも知り合うことができた。

 

そんな、あんなことこんなことを気に任せて綴っていこうと思う。気楽に、あくまでも気楽にお付き合いくださいませ。

 

 

ハマちゃんのJRA競馬予想


 


 

まずはサイトにアクセス!
より詳しい情報を今すぐ手にいれよう!→◆極上の馬券◆
予想情報\0

ハマちゃんが振り返る競馬との楽しい思い出記事一覧

追い続けた名馬メジロマックイーン

あれは1990年秋、菊花賞。ここから私の競馬人生は始まった。まだ競馬の「け」の字も知らなかった私の目にはスポーツ新聞の「メジロマックイーン」の字が躍って見えた!前哨戦や相手関係などの知識が全くないまま当日の新聞の印を頼りに馬券を購入した。当時は単複、枠連しか馬券の種類はなく、枠連を買って、もちろん当...

≫続きを読む

 

クラシックには目もくれないサクラバクシンオー!

1992年4歳の新馬戦を勝ち上がる。その後3走して重賞のクリスタルCを勝利!この頃既にクラシック路線ではなく、短距離路線に向かうことを決めていたようだ。京王杯オータムハンデ3着、オープン特別のキャピタルS1着などを経て、G1スプリンターズSに挑戦したがニシノフラワーの6着敗れた。この年は11戦5勝の...

≫続きを読む

 

世代最強?マチカネタンホイザ

この馬のデビューは1991年秋、この頃になると、デビューした新馬について、あれが強い、これが強い、クラッシックに行く、行かないなど、若駒についての競馬談義もするようになっていた。マチカネタンホイザはデビュー戦を圧勝!これは強いと思ったものだ。のちにミホノブルボン、ライスシャワーと3強を形成。まあ、実...

≫続きを読む

 

G1制覇だ!テイエムオペラオー

3歳夏にデビューも2着となる。4歳初戦を4着の後、2連勝して毎日杯を制し重賞初制覇!そのままの勢いでクラシックに進み皐月賞1着でG1のタイトルを獲得した!!2冠を狙ったダービーは残念ながらアドマイヤベガの3着に敗れてしまう。秋になり、京都大章典を3着とした後、菊花賞はナリタトップロードの2着。この年...

≫続きを読む

 

ケガとの闘いオフサイドトラップ!

3歳時は新馬を2戦するが勝ち上がれず、明けて4歳未勝利から3連勝してクラシックへ向かった。皐月賞7着、ダービー8着と、ともにナリタブライアンに敗れた。その後1走してケガのため休養、年末のオープン特別ディセンバーS3着でこの年を終えた。5歳になり、金杯から始動し次走のオープン特別を勝利した!しかし、ケ...

≫続きを読む

 

大器の片鱗!エアグルーヴ

3歳新馬戦を2戦目で勝ち上がり、オープン特別を勝ってG1阪神3歳牝馬Sへ。しかし、ここはビワハイジの2着に敗れてしまう。ただ、ビワハイジとともに翌年のクラシック候補とされた。明けて4歳、初戦のチューリップ賞を見事勝ち(2着はビワハイジ)、順調に桜花賞かと思われたが、熱発で出走できなかった。しかし、オ...

≫続きを読む

 

三冠馬の期待がかかった!ネオユニヴァース

2歳時は、新馬戦を1着、オープン特別2着で終えた。明け3歳、500万、きさらぎ賞と連勝して重賞初制覇!続くスプリングSも優勝しクラシックへ向かう。皐月賞はザッツザプレンティ、ダービーはゼンノロブロイをそれぞれ2着に退け見事2冠を達成した!!その後、宝塚記念に臨むもヒシミラクルの4着に敗れ、休養にはい...

≫続きを読む

 

すごい馬なんだけど・・・ゼンノロブロイ

3歳新馬戦をデビュー勝ちし、オープン3着を挟んで、500万勝ち、ダービートライアル青葉賞と2連勝!重賞初制覇で、ダービーに臨む。しかし、ネオユニヴァースの2着に敗れてしまった。秋になって、神戸新聞杯は優勝するものの、菊花賞はザッツザザプレンティの4着、有馬記念は僚馬であるシンボリクリスエスの3着とな...

≫続きを読む

 

完全なる一発屋!スエヒロジョウオー!

1992年、未勝利を勝ち、3走挟んで迎えた、G1の3歳牝馬S。私は阪神競馬場で現地観戦。9番人気の低評価であったが、見事な末脚で1着!小柄な馬で体重は390キロ台だったと思うが、よく頑張った!2着には12番人気のマイネピクシーが入った。年が明けて4歳になったスエヒロジョウオーは初戦9着、桜花賞がベガ...

≫続きを読む

 

歴史に残る空前の競馬ブーム!オグリキャップ

1980年代後半から1990年代前半にかけて起こった競馬ブームの火付け役と言っていい誰もが知っているアイドルホースだ。まだ、学生だった私には実感できなかったが、世の中はバブル全盛で、その景気の良さと相まって、今では考えられないような競馬ブームであった。

≫続きを読む

 

日本競馬の歴史を変えた!ダート界の功労者ミスタートウジン

99戦11勝、15歳まで走り続けたことがミスタートウジンから思い浮かぶ第一印象ではないだろうか。晩年は馬券に絡むことはほとんどなかったが、1990年前後はダート界のトップホースであった。当時はダートの体系が整備されておらず、中央の重賞は2つしかなく、現在はG1のフェブラリーSもまだG2であった。その...

≫続きを読む

 

余裕の勝利だナリタブライアン!

1993年、3歳新馬戦を2戦目で勝ち上がった。その後4走して、G1の朝日杯3歳Sも見事に勝利!ビワハヤヒデの弟として期待されていたが、他のあらゆる名馬と比べてローテーションとしてはかなり異例であった。明けて、4歳になると共同通信杯、スプリングSと連勝。皐月賞はサクラスーパーオー、ダービーはエアダブリ...

≫続きを読む

 

大穴馬券の立役者!メイショウテゾロ

3歳でデビューし、新馬、500万と2連勝を飾る。明けて4歳、シンザン記念を勝ち、3連勝で重賞初制覇!アーリントンC、スプリングSを挟んで迎えたダービー、結果は18着に惨敗。その後、重賞を3走するが全く振るわずマイルCSに挑戦する。大外に入ったこともあり、最低人気だった。結果はトロットサンダーの2着!...

≫続きを読む

 

未完の大器か?サイレンススズカ

1997年、4歳になってからの新馬戦に圧勝し、2戦目に弥生賞出走。しかし、大きく出遅れ、途中追い込みをかけるが、最後に失速して結局8着になり、皐月賞には出られなかった。めちゃくちゃなレースだった。続く2走は連勝しダービーに駒を進めたが、結果はサニーブライアンの9着と敗れてしまう。秋になり、神戸新聞杯...

≫続きを読む

 

20番をつけた最後のダービー馬トウカイテイオー

シンボリルドルフの子で3冠馬誕生かと騒がれていたトウカイテイオーだが、私の一番の思い出は、福岡のS君の「パドックを歩いていると前脚に後脚が当たるっちゃんね」という言葉である。なるほど、トウカイテイオーのパドックを見ていると、後脚の踏み込みが深いため前脚に当たるように歩く。後脚の踏み込みが深い馬がよく...

≫続きを読む

 

天才騎手をダービージョッキーに!スペシャルウィーク

3歳新馬戦を1着で勝ち上がった。明け4歳は初戦を2着の後、きさらぎ賞1着で重賞初制覇!弥生賞も勝利し、クラシックの有力候補に!迎えた皐月賞はセイウンワンダーの3着に敗れた。しかし、ダービーではG1制覇!!またこのレースはJRAの様々な騎手記録を塗り替えている武豊騎手のダービー初戴冠でもあった。秋は京...

≫続きを読む

 

柴田政人19回目の騎乗でダービー制覇!ウイニングチケット

福岡出身の友人S君は1992年、メジロパーマーが勝った有馬記念を中山競馬場まで観に行っていた。戻った彼はトウカイテイオーが敗れ波乱となった有馬記念には触れず、当日3歳のオープンレースを勝ったウイニングチケットを褒めていた。それ以降この馬に注目することとなった。春の初戦は弥生賞1着!続いて臨んだ皐月賞...

≫続きを読む

 

ここが勝負だ!ドージマムテキ

1993年、4歳の新馬戦から2連勝をマークし、クラッシックに参戦するが、皐月賞はナリタタイシンの15着、ダービーはウイニングチケットの17着と振るわず。最初はミホノブルボンと同じ戸山厩舎所属だったので、その再来を期待していたが距離の壁があったようだ。秋になり、初戦をたたいてG1のマイルCS。天気が悪...

≫続きを読む

 

最強の夏の上がり馬!マヤノトップガン

1995年、4歳の新馬戦でデビューするが勝てず、4戦目で勝ち上がった。その後、条件戦2勝など5走し、神戸新聞杯、京都新聞杯と連続2着に入り迎えた菊花賞、1着となり、G1制覇を成し遂げた!続く有馬記念には、ナリタブライアンなど有力馬が出ていたが、快勝し、G1連勝でこの年を締めくくった。

≫続きを読む

 

これは強いぞグラスワンダー!

1997年、3歳新馬戦から4連勝でG1朝日杯3歳Sを制覇!2着はマイネルラブ。外国産馬のため、翌年のクラシックには出られないが、強さは際立っており、今後の活躍が期待された。しかし、ケガもあり、4歳は秋の毎日王冠から始動。5着となり初戦としてはまあまあであったが、翌アルゼンチン共和国杯も6着と振るわず...

≫続きを読む

 

1番人気では勝たないお茶目なダイタクヘリオス

この馬との出会いはウインズ京都。1991年春、5歳の安田記念。ダイイチルビーの2着!ほとんど人気はなかったのだが、なぜか新聞を見て気になったのだ。しかし、ダイイチルビー以外にもバンブーメモリーなど有力馬がおり、当時のウインズ京都は1000円単位でしか馬券は購入できなかったため、貧乏学生にはそこまでお...

≫続きを読む

 

馬と騎手が近い!名古屋競馬

都会の真ん中にあるという感じではないが、名古屋市内にあるため、立地的には地方の競馬場の中ではそんなに田舎田舎していない(笑)。中の風情は地方競馬場そのものだが、飲食店も結構賑やかに営業しており、昼間から飲んだくれた親父が楽しそうだ。パドックは柵からの距離が近いため、馬や騎手を間近に見ることができる。...

≫続きを読む

 

逃げ馬がさらに後続を突き放して勝つミホノブルボン

私の学生時代の友人S君が応援していた馬である。S君はすでに競馬に詳しく、競馬に関する専門的知識の多くをS君から学んだ。その彼が「ケツが4つあるっちゃんね!」と言っていた。彼は福岡出身である(笑)。お尻が4つあるという意味だが、筋肉の発達がものすごく、片方のお尻が2つに割れて見える様子を形容したもので...

≫続きを読む

 

凱旋門賞の壁を叩いた!エルコンドルパサー

3歳新馬を勝ち上がり、明け4歳になると、条件戦、共同通信杯、ニュージーランドトロフィーと4連勝、しかもどれも危なげないレースであった。迎えたNHKマイルCも難なく制覇しG1のタイトルを獲得!秋になり、古馬に混じって毎日王冠で始動、サイレンススズカの2着に敗れてしまうが、続くJCでは見事に優勝!!2着...

≫続きを読む

 

芦毛の怪物!ビワハヤヒデ

1992年、新馬戦から3連勝を飾り、迎えたG1の朝日杯3歳S。結果はエルウェーウィンに惜敗してしまう。当時は、オグリキャップ、メジロマックイーンなど芦毛の強豪が多数おり、ビワハヤヒデはそれらの後継者となるのにふさわしい力量があると思っていた。

≫続きを読む

 

古馬王道路線を歩んだシンボリクリスエス

2歳新馬戦をデビュー勝ちで飾る。3歳となって500万を2着、3着、3着した後のレースで1着!そして、次走ダービートライアルの青葉賞も勝って重賞を制覇した。しかし、G1のダービーはタニノギムレットの2着と敗れてしまう。秋は神戸新聞杯からの始動だったが、見事に勝利で飾った!次走は古馬に混じっての天皇賞・...

≫続きを読む

 

重賞を勝ってるよ!チェリーコウマン

この馬の場合、名前のインパクトがすごすぎて、レースを覚えている人は少ないんじゃないかと思う。新馬を2戦目で勝ち上がり、4歳になるとなんと15戦も走り、ウインターS(G3)を勝ち、重賞馬になってしまった(笑)。陣営が名前だけの馬にしたくないと思っていたのだろうか、ひたすら走らせて重賞を勝つのだから大し...

≫続きを読む

 

一頭だけ走った菊花賞。他の馬は関係ないセイウンスカイ

4歳の新馬戦と次のオープンを2連勝し、クラシック戦線に名乗りを挙げた。皐月賞ではキングヘイローを2着に退け見事にG1制覇!しかし、続くダービーはスペシャルウィークの4着に敗れてしまった。無料で賢く稼ぐなら!競馬予想の友「ウマセン」

≫続きを読む

 

一世一代の足!あっと驚くダイユウサク

この馬は1991年の有馬記念の記憶しかないといってもいいくらいだが、実は11勝を上げたれっきとした名馬である。と言いながら、かく言う私もこの年の有馬記念のことしか記憶にはない。1番人気のメジロマックイーン、その他の有力馬が見当たらず、断然に支持されていた。私も勝つのはマックイーンだと楽観していたのだ...

≫続きを読む

 

オグリキャップのふるさと笠松競馬場

オグリキャップのふるさととして知られる笠松競馬場を最初に訪れたのは、オグリキャップが引退して数年後のことだ。それ以来数回訪れている。現在はオグリキャップの銅像も建っている。笠松からは、オグリキャップだけではなく、オグリホワイト、ライデンリーダーや最近ではラブミーチャンなど中央の馬と渡り合うことができ...

≫続きを読む

 

3冠牝馬だ!フティルインラブ

2歳新馬戦でデビュー勝ちを収める。明け3歳初戦のオープン、紅梅賞を勝ち2連勝!続くチューリップ賞を2着として、G1桜花賞を迎えた。結果は、シーイズトウショウを2着に抑え優勝!続くオークスも勝利し、2冠達成!!2着はチューニー。秋になって、初戦ローズSはアドマイヤグルーヴの5着に敗れてしまう。しかし、...

≫続きを読む

 

九州唯一だ!佐賀競馬場

あれは今から10年程前だったであろうか、九州唯一となった佐賀競馬場を訪れた。私の母方の親戚が佐賀に住んでおり、その帰りに寄ったのだ。この親戚のところには今でも度々訪れるが、競馬開催と重なることがなかなかなく、その時が最初でそれ以来訪れていない。やっと念願かなって訪れた佐賀競馬場。鳥栖駅からだったかバ...

≫続きを読む

 

夢があるぞ!まさにミラクル・ヒシミラクル

2歳新馬戦でデビューするが勝てず、その後6戦するも最高2着でこの年を終えた。明け3歳になって3戦目、合計10戦目で未勝利を勝ち上がった。未勝利脱出までこれだけかかった馬がこの後の活躍を誰が想像しただろうか?基本的にG1馬になるような優秀な馬は2~3戦目までには初勝利を挙げることが多い。

≫続きを読む

 

ベガはベガでもホクトベガ!

1993年4歳でデビューしたホクトベガは、新馬を勝った後、2走挟んでフラワーCで重賞初制覇。そして、桜花賞は5着、続くオークスは6着、1着はともにベガであった。秋になり、2走した後、エリザベス女王杯で勝利し、G1のタイトルを獲った!その時は3牝馬3冠がかかっていたベガに注目が集まっており、実況中に「...

≫続きを読む

 

トーワダーリンを知ってるか!?

30戦5勝、重賞未勝利の馬を覚えている方は少ないだろう。1992年秋。新馬戦を鮮やかに勝ち、G1の阪神3歳牝馬Sに出走し、スエヒロジョウオーの6着。新馬戦の勝ち方と友人と血統的に走りそうだという話をしていたこともあり、この馬に注目していた。血統といっても当時はにわか知識と短距離では走りそうだという程...

≫続きを読む

 

悲運の名馬サンエンサンキュー

新馬を2戦で勝ち上がったあと、函館3歳Sなど4戦を経てG1阪神3歳牝馬Sに臨み、ニシノフラワーの2着と健闘し、翌年のクラッシック戦線に期待をもたせた。明けて4歳、クイーンCで見事1着を飾った後、クラッシック戦線に挑むと思いきや、なぜか弥生賞に出走。結果は6着と健闘したが、出走した意味はわからない・・...

≫続きを読む

 

遊園地より競馬場

船橋競馬場を訪れたのは、1992年秋、東京競馬場を訪れたのと同時期だったと思う。地理的知識が全くなかったので、高校時代からの友人K君に頼んで一緒に行ってもらった。電車に乗っていた時に「あれが「ビッグサンダーマウンテンだ」と教えてくれた。私は、当時もそして現在に至るまで東京ディズニーランドに行ったこと...

≫続きを読む

 

ふぐ料理をありがとう!タケノベルベット

今でも忘れない6枠12番 1992年エリザベス女王杯の前日、福岡のS君が血統を見てこの馬はいいと即座に判断した馬。単勝馬券を頼まれ翌日京都競馬場へ向かった。休み明けでもあり、私は厳しいんじゃないかと思っていたら、直線で後続を突き放て見事に勝利!勝利へ導く競馬情報競馬総本舗ミリオン

≫続きを読む

 

地方競馬で最初に訪れた金沢競馬場

私は残念ながらまだ全国の競馬場を全て訪れたことがあるわけではない。ただ残りは、中央では函館、札幌の2場。地方も閉鎖されたところも多いので、水沢と門別の2場だけになったので、生きているうちには達成したいと思っている。ばんえい競馬もまだだけれど・・・。今回は金沢競馬場を取り上げる。地方競馬で最初に訪れた...

≫続きを読む

 

 
トップページ 競馬予想2018 競馬結果2018 楽しかった競馬の思い出